菌糸体が隠し持つ秘訣

視力の低下など目に関する悩みをお持ちの方は多いと思います!ブルーベリーサプリメントを使って解決しましょう!

笑顔

シイタケ菌糸体とは、その名の通りにシイタケの部分の一つなのですが、私達が食用にしている部分とは異なります。シイタケは私達がよく知っているカサの部分以外にも、根元の部分で縦横に向かって広がっている糸状の部分があります。この部分が菌糸体と呼ばれる部分で、その名前の由来は無数の糸が広がっているように見える事から来ています。 この糸状の菌糸体と呼ばれる部分に、充分に栄養が供給されると、私達が普段食べているカサの部分が形成されます。つまり菌糸体はシイタケが成長する上での母体と言える部分になり、それゆえ多くの有用成分を含んでいる部分だとされています。そのため、この有用成分を人間の健康に利用しようと、様々なメーカーがシイタケ菌糸体の研究を続けています。

前述したように、シイタケ菌糸体とはシイタケの母体となる部分で、その中には様々な有用成分が含まれています。この有用成分は現在も研究が進められているのですが、今の段階でも私達に良い効果がある事が発見されています。それが、がん細胞に対する免疫細胞の活性化作用の事で、これはがん治療の上で大きな発見だとされています。 免疫細胞とは体内に侵入したウイルス等の異物を攻撃・排除する働きの事で、人間の体内に生まれつき備わっています。ただし、がん細胞に対しては免疫抑制細胞という細胞の働きで、免疫細胞が攻撃をしにくいという特徴があります。それが近年になって、この免疫抑制細胞に対して、シイタケ菌糸体は増殖を抑制する作用がある事が認められたのです。そのため、シイタケ菌糸体をがん患者が摂取する事による免疫細胞の活性化で、がん治療に対する効果が期待されています。